Robotic Process Automationとは

コンピューター上で行われる業務プロセスを人に代わり自動化する技術です。人間が繰り返し行うクリックやキーボード入力など定常的な業務が自動化できることから、仮想知的労働者(デジタルレイバー)とも呼ばれています。

RPAは、ロボットがコンピューター内で人間の行動をシミュレートしてビジネスプロセスを実行することを可能にする技術です。RPAロボットは、ユーザーインターフェイスを利用して、人間と同様にデータを取得し、アプリケーションを操作します。ロボットはオペレーション内容を解釈し、反応を誘発し、他のシステムと通信して、大量の反復作業を実行します。RPAソフトウェアロボットは眠ることも休むこともなく、間違いもなく正確迅速に処理し、結果的に従業員不足を補い、生産性を向上させます。

RPAはなぜ重要なのでしょうか?

robotic-process-automation

ルーティン作業の代行

今まで人間が行っていた、反復的かつ付加価値の低い業務をRPAが人間より正確に早く遂行しします。人間はRPAの管理とRPAが対処出来ないより創造的な業務を担当します。

icon-productivity

業務生産性向上

 業務における質、コンプライアンス、安全性、持続性を向上することができます。また、業務を迅速に遂行する事で組織としての処理能力向上と業務生産性の向上も実現します。

return-on-investment-finance-investment

最速のROI

 UiPath RPAは生産性が優れ、かかる経費も大幅に削減できます。ロボットの仕事は常に自律的で、エラー防止に効果があります。大半の組織が12ヵ月以内にすぐれたROIを実現しています。

UiPath RPA プラットフォーム

UiPath_Studio

UiPath Studio

Studioデザイナーは、コードを使うことなく誰でも自動化を視覚的にモデル化することができる直感的な環境です。強力なレコーダーは、文字通りユーザーの動作を見て自動化を構築します。テンプレートアクティビティの豊富なライブラリで、迅速に、また簡単に作業することができます。

UiPath Orchestrator

Orchestratorは企業のあらゆる重要な業務を取り扱い、お客様の労働力を管理します。業務の例として、リリース管理、集中ロギング、レポート、監査と監視、遠隔操作、作業負荷平準化、またアセット管理があります。

server-orchestration
Robot

UiPath Robot

UiPath Robotは完璧な正確性でプロセスを実行します。従業員の指揮監督下でタスクを自動的に実行、もしくは補助なしでの実行も可能で、人間の関与なしに大量の仕事を処理することができます。

デモ、トライアル、料金プランについて

UiPathのRPAを選ぶ3つの理由

usability

ユーザビリティ

RPAの導入は、IT部門ではありません。人の作業を代行するためユーザー部門によって導入されます。実際に使用するユーザーに使いやすく設計されている必要があります。ワークフローを作成する「UiPath Studio」はコーディングを必要とせず、分かりやすいユーザーインターフェイスで迅速に開発、導入をすることができます。また、増えすぎたロボットには、管理、統制をする必要があります。「UiPath Orchestrator」は、ロボットの監視、管理、ワークフロージョブの管理、ユーザ管理・監査証跡など様々な機能を一元管理することができます。

customer_service

充実したサポート体制​

UiPathは日本を重要拠点と考えており、日本語によるサポート体制を強化しています。ユーザーに、より直感的に理解して頂くよう、製品の日本語対応も行っております。また、セミナー、研修制度も充実しており、UiPathを学べる動画「ビデオチュートリアル」や、オンライン無料トレーニングコース「UiPath アカデミー」のほか、UiPath利用時に困った点やバグ報告などが確認できるコミュニティ「UiPath 日本語フォーラム」もあり、UiPathには学習・サポート環境が豊富にあります。

Flexibility

柔軟な拡張性​

UiPathのRPAは、サーバーにインストールして開発、実行、管理を行う「サーバー型」にも、個々のPCにインストールして開発、実行のみを行う「クライアント型」にも対応しています。また、API連携により様々なテクノロジーパートナーのアプリケーションと連携することが可能です。

  • RPAスポンサーの任命
  • 期待されるハイレベルのスコー プ、自動化ランドスケープの文 書化、及び自動化のパイロット

    実施*に向けたプロセスのベスト フィットを識別するための、ビ ジネス・オペレーションを実施 する。

  • 自動化によって影響を受けるこ とが予想される社内外のステー クホルダーを識別する。

  • 自動化の初期のリスクと問題を 識別する。

 
 
  • RPAビジネスケースを作成する 中で、ビジネス・オペレーショ ンを実施する。
  • ビジネスケースの議論において ITを取り入れる。
  • 核となるロボティック・チーム を選別する。
  • RPAプロジェクト憲章を策定す る。
  • 解決、改善、軽減にRPAが 果たすロールとは何か? RPAの便 益は何か? RPAのデプロイ方法 は? どんなリソースを使用する か? 現行組織にRPAをデプロイし た場合の影響は? 自動化のリスクと問題を文書化 する。それぞれの軽減計画を策 定する
  • RPA移行・コミュニケーション チームを作り、早期に始動する。
  • 企業でデプロイされた大規模な プログラムを通じて獲得した経 験や「学んだ教訓」を活用し、 自社組織に最適のオペレーショ ン・モデルを決定する。
  •  コア・ロボティック・チームの プロファイル要件を決定し人材 を採用する。
  • IT のオンボード。
  • 「実行」(モニター/制御ソフト ウェア・ロボット)と「構築」 (ロボットの開発と訓練)の全体 像を決定する – デリバリーチー ム・ハンドブック。
  •  RPAチームのオンボーディング を開始する。
  • ステークホルダー分析とコミュ ニケーション計画を最終化する。
  •  ガバナンスを導入する。
  • 自動化パートナーのためのソー ス 自社のビジネス・ニーズに最適 なパートナーの候補者リストを 作成する。
  • 提供されるサービスと価格モデ ルを比較する。
  • 選定方法の決定:デモが十分か どうか、或いは概念実証(POC) を導入するのか? サプライヤーと一緒にPOCを開 始する。
  • 結果の評価と比較を行い、選定 した自動化パートナーに伝達す る。
  • プロジェ クト計画
  • プロジェ クト準備
  • 要件定義
  • 設計開発
  • テスト
  • ユーザー受け入れ ・ テスト
  • 保守・  運用

デフサムライ & RPA

UiPath社の認定開発パートナ。導入支援、開発、テクニカルサポート、
トレーニングのサービスを提供しております。

Toiawase
  • デフサムライ株式会社
  • 〒173-0031 東京都板橋区大谷口北町58-6
  • info@devsamurai.com

革新的ソリューションを提供し、お客様のアプリケーション近代化とビジネスプロセス自動化を支援しております。

クラウドプラットフォーム導入、ベストプラクティス適用、DevOpsツールで継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) パイプラインの構築をお手伝っております。

専門知識のIT業界コンサルティング、最先端の技術およびソリューション、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)のすべてを提供しております。

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)やChatbots(チャットロボット)ソリューションなどで、会社のビジネスプロセスを自動化し
繰り返しの作業を解放し、貴重な成果を生み出すことだけに集中できるようになります。

Close Menu