GKEのIngressで複数サービスを1つのEndpoindにまとめ

 1.はじめに

マイクロサービスを導入すると、サービス数がどんどん多くなります。
サービスのEndpoint単位で管理すると、システムが複雑となり、Domainの設定もめんどくさくなります。
その問題を解決するため、Ingressを利用します。
複数のサービスを1つのEndpointにまとめる構成を紹介したいと思います。

 2.アーキテクチャー

早速ですが、想像しやすくするため、全体アーキテクチャーを先に提示します。
gke_ingress_for_collection_of_services_001.png

これから構築に行きます。

 3.アプリケーションのフォルダ構成

application_folder
├── README.md
├── build
│   ├── cloudbuild.task_service.yaml
│   ├── cloudbuild.user_service.yaml
│   ├── task_service.Dockerfile
│   └── user_service.Dockerfile
├── deployment
│   └── application.deployment.yaml
├── go.mod
├── go.sum
├── openapiv2
│   ├── task_service
│   │   └── task_endpoint.yaml
│   └── user_service
│       └── user_endpoint.yaml
└── services
    ├── task
    │   ├── handler
    │   │   └── task_handler.go
    │   └── task.go
    └── user
        ├── handler
        │   └── user_handler.go
        └── user.go

 4.提供APIリスト

下記の2つURLを提供します。

https://api.example.com/task/v1/current   : 実地中のタスク内容取得
https://api.example.com/user/v1/roles     : ロールリストの取得

詳細な処理はソースコードをご参照。

 5.Container Registryにイメージビルド

Taskサービス

gcloud builds submit --config ingress/build/cloudbuild.task_service.yaml

Userサービス

gcloud builds submit --config ingress/build/cloudbuild.user_service.yaml

 6.Ingress定義で、リクエストに対して対象のサービスにルート

上記の構成図どおり、Ingressの後ろに2つのサービスがあります。
リクエストに対して、Userサービスか、Taskサービスかにルートします。
その設定はIngressの定義で制御します。

apiVersion: networking.k8s.io/v1beta1
kind: Ingress
metadata:
  name: example-ingress
spec:
  rules:
  - http:
      paths:
      - path: /task/v1/*
        backend:
          serviceName: task-service
          servicePort: 80
      - path: /user/v1/*
        backend:
          serviceName: user-service
          servicePort: 80
---
...ソースコードにご参照

 7.GKEにデプロイ

kubectl apply -f deployment/application.deployment.yaml

# デプロイ後のIngress情報確認
kubectl get ingresses
> NAME              HOSTS       ADDRESS           PORTS     AGE
> example-ingress     *         203.0.113.123     80        59s

本記事で利用したソースコードはこちら
https://github.com/itdevsamurai/gke/tree/master/ingress

最後まで読んで頂き、どうも有難う御座います!
DevSamurai 橋本

Close Menu