アプリケーションのコンテナ移行における 3 つの主な戦略として、リフト & シフト、拡張、および 書き換えが存在します。1

どの方式を採用する場合も、ほとんどのソフトウェアは最新のイメージベースのコンテナが発明さ れるよりも前に設計および作成されたものであると認識することが重要です。2 単一のコンテナ内 でモノリシックなアプリケーションを実行する「リフト & シフト」方式を採用した場合であっても、多

く の 場 合 は ア プ リ ケ ー シ ョ ン に 変 更 を 加 え る 必 要 が あ り ま す 。コ ン テ ナ へ の 移 行 を 成 功 さ せ る に は 、 アプリケーションの要件と Linux® コンテナの性質を考慮に入れた、堅固な移行戦略が必要です。

本 書 で は 、ソ フ ト ウ ェ ア を コ ン テ ナ に 移 行 す る 作 業 に 関 し て 、イ メ ー ジ の ビ ル ド 手 順 か ら 本 番 稼 働 に お け る 理 想 の 状 態 ま で 、技 術 面 に お け る 具 体 的 な 推 奨 事 項 や ガ イ ド ラ イ ン を 紹 介 し ま す 。ア プ

リケーションの移行方法は、アプリケーションの要件によって決まります。

Close Menu